精力 トレーニング

精力トレーニングって何ですか?

そもそもED(勃起不全)とは、男性の性機能障害の一種で、陰茎の勃起の発現、維持のできないために満足に性交の行えない状態を指します。
また性交時に75%以上、有効な勃起が得られないため満足な性交が得られない状態の事を言います。
勃起に時間が掛かったり、勃起しても途中で萎えてしまい、満足のいく性交ができないと感じる人は、いずれも EDの疑いがあります。 だから精力トレーニング
が必要なのです。


 

EDの原因は?

基本的には、年を重ねるとEDになる割合は高くなります。
しかし、最近は年のせいだけではない事が分かっています。知らず知らずの内にストレスをためていたり、不規則な食事を続けていたり、車での通勤による運動不足、さらには病気怪我などが原因となって起こる事が多いのです。
本サイトでは、そういったED(勃起不全)や性機能不全の原因を大きく3つに分けてご紹介しています。



陰茎(ペニス)の平均的な大きさは?

自分のアソコは大きいのだろうか?」と男性なら一度は悩んだはず…
実はペニスの平均値については、これまで数多くのアンケート調査や医療機関が調査してきました。
様々な資料や情報機関が調査したペニスの平均値を比較してみたのですが、平均値はどれもほぼ同じ数値になりました。

下記は、勃起時における日本人のトレーニングと精力平均をまとめたものです。
どうぞご参照下さい。(測定は恥骨から測定した数値です)

日本人男性のペニス平均値
■ペニスの長さ平均値"14センチ"
■ペニスのサオ幅平均値"4センチ"
■亀頭幅の平均値"4センチ"
複数の統計データを検証すると、このサイズが一般的に認識されている、私たち日本人のペニスの平均値男のペニス)となります。



1.心理的なストレス

ストレス不安などの心理的な要因も、実は心理的・心因的な影響がEDの原因の1つなのです。
しかも、40代までの若い層に多い傾向にあり、心因性EDは2つに大別できます。

1−1:現実心因
日常のちょっとした事がストレスとなり、それが原因でEDを起こす場合です。
例えば、女性の言葉に敏感に反応し、その衝撃暴力等でEDになったり、経済的なストレスや疲労などで、自分自身でほぼ原因に見当が付くものがこれにあたります。

1−2:深層心因
深層心因とは、特に心理的ストレスは無いものの、幼児期の体験や性的トラウマなど過去の出来事が原因となり、心の深層にある要因がEDを起こす場合を言います。
この場合、大抵は無意識ないし意識下の世界に原因があるため、本人には見当がつかず、原因解明までに長期間要し、治療が難しいケースが多いようです。



トレーニング 精力


2.身体に何らかの障害

2−1:加齢
年齢が上がると共にEDになる可能性は高くなります。
これは、年齢が上がるに連れて、血管や神経に様々な障害が起こるためですが、特に動脈硬化による血管障害はその原因の一つです。
中高年になってから勃起機能を維持するためには、普段からEDの原因となりうる病気の予防生活習慣などに注意する事が重要です。
実際80歳を超える方でも健康上に問題がなければED治療を行う事も可能です。

2−2:生活習慣病
EDの原因として最も多いのが、糖尿病や心臓病、高血圧などの生活習慣病です。例えば、陰茎を通る動脈の動脈硬化が進むとEDが起こり易くなります。
そして動脈硬化は全身病の一環と考えられ、生活習慣病と密接に関連しています。
そのため、糖尿病、高血圧、高脂血症、心血管障害など血液循環に関連する生活習慣病の方はEDが起こり易くなるのです。
また喫煙や過度の飲酒もEDを引き起こす原因と考えられています。

2−3:神経系の障害
脳出血脳腫瘍脳外傷などの神経系の疾患もEDの原因となります。
正常な勃起のためには、神経が重要な役割を担います。
神経には脳を含む中枢神経、脳と末梢を繋ぐ脊髄神経、身体全体に広がる末梢神経がありますが、性的刺激を受けた脳は、これらの神経を介して、その信号を陰茎に送ります。
そのため、いずれかの神経が障害を受けると、脳からの信号が陰茎まで伝わらずEDの原因となるのです。

2−4:手術や怪我等の外傷
前立腺がん膀胱がんなどの摘出術で、その周囲にある血管や神経を損傷し、EDになる事があります。
前立腺がんや膀胱がんの摘出術、直腸がんの切除術などの骨盤内臓器を摘出する手術は、陰茎海面体の血管や神経を損傷する危険性あります。
そのため手術を行う前に医師と十分な話し合いを行う事が大切です。
また、外傷では交通事故などによる骨盤骨折や脊椎損傷がEDの原因としては最も多くなります。
外傷の場合、麻痺や神経反射機能の程度によっては時間を要するものの、治癒する場合もあります。
特に若い方ではED治療薬の効果も高いと言われています。

2−5:その他
泌尿器科系の疾患や腎不全陰茎の先天性の疾患などはEDの原因となります。
排尿状態が悪い事などが心理的な影響を与えてEDが起こったり、治療薬の一部にEDを引き起こす薬剤が含まれている事もあります。
また、慢性腎不全の方や血液透析を受けている方では、ホルモンが変化したり、全身の動脈硬化や神経障害が次第に進行するためにEDが起こり易くなります。
その他、椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍、多発性硬化症などの疾患、生まれつきの病気により陰茎の形が性交に適さない場合などはEDの原因となる事があります。




3.特定の薬剤を服用

実は、一部の薬剤にはEDを引き起こす事があります。良く知られている薬剤としては、中枢神経末梢神経に作用する薬剤、その他にも循環器系に作用する薬剤などが挙げられます。
下記にその一例を記載しました。

3−1:中枢神経に作用する薬剤
解熱・消炎鎮痛剤や抗不安薬(精神安定剤、マイナー・トランキライザー)、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬などの向精神薬

3−2:末梢神経に作用する薬剤
骨格筋弛緩薬、鎮けい薬、局所麻酔薬、抗コリン薬

3−3:循環器系に作用する薬剤
不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤

3−4:消化管に作用する薬剤
消化性潰瘍治療薬、局所麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬


精力剤の選びは難しい…

う〜ん最近どうも精力が弱くなってきた…」
陰茎を大きくしたい…」
EDかも知れない…」
昔みたいにいかない…」
すぐに柔らかくなる…、中折れする…」etc

このような精力や陰茎の悩みは、年齢と共に増えてきます。
大きくする方法もありますが、そういった時に、一番手軽な解決策が、勃起剤や強壮剤と言った「精力剤」でしょう。
では、「今では簡単にインターネットなどで手に入ってしまう精力剤は大丈夫なのだろうか?」…
今度はこんなお悩みが出てくる可と思います。

精力剤というのは、その道の専門家や企業が調合したものですから、ある程度の効果は見込む事ができます。
ですが、ひとくちに精力剤といっても、様々な精力トレーニングが存在します。